2014-09-21: RubyKaigi 2014 #rubykaigi

P9203808.jpg

RubyKaigi 2014 に参加して、話したりなどしてきた。

写真: RubyKaigi 2014 #rubykaigi - an album on Flickr

写真や各セッションのこまかいのは下記へ。

1 日目

Lunch

P9183504.jpg

RubyConf 形式だ! たのしい。とりあえず既になんかコミッターがうろついてるテーブルにすわって、てきとうに周囲のテーブルにこえかけたりしていた。

Symbol GC

http://rubykaigi.org/2014/presentation/S-NarihiroNakamura

Ruby の Symbol の仕組みと、Symbol GC について・仕組みと、実際の実装がちょっと触れられている内容だった。2.2 から to_sym 仕放題ですねみなさん。

Continuous Delivery at GitHub

http://rubykaigi.org/2014/presentation/S-RobertSanheim

まあ既出の内容が主だろうな〜と思ったけど自分のトークの関係もあって聞きにいった。ちらっと見える格好よい社内ツールのスクショとかに注目したりしていた。あと、dat-science という、うちでいう chanko みたいな gem が紹介されていた。

GitHub、任意のブランチをふつうにデプロイするみたいで、一時的にちょっと出して下げるみたいな感じなんだろうか。デプロイ待ち行列みたいなのがあるっぽい。あとは Haystack かっこいい。

ホワイエ

ぐったりしていた。

P9183532.jpg

usaさん の画面を横から覗いてあーだこーだとかしていた。お役にたててなにより。

Ruby Committers vs. the World (AMA)

コンテンツ業。 http://rubykaigi.org/2014/ama

P9183543.jpg

P9183537.jpg

P9183544.jpg

P9183539.jpg

! メソッドの存在はしっていて obj.send(:!) ができる事はしっていたけど、obj.! が通るとは知らなかった…

Party

P9183546.jpg

P9183590.jpg

いろいろはなしたりしながら、隣の席の人 (@eagletmt) を @ryopeko, @sonots と引き合わせて突発的な switch_point ユーザー会を開いたりした。

そのた

P9183603.jpg

2 日目

発表の事をかんがえていて午前中だいたいセッションちゃんとみれてないかもしれない。

matz "Coming soon..."

http://rubykaigi.org/2014/presentation/S-YukihiroMatzMatsumoto

まさかのタイトルが Coming soon だった。ひさびさに未来の話だった。Ruby 3.0 はさていつリリースされるのか。

lunch

P9193628.jpg

けっきょく知り合いでかたまっていた。テーブルには知り合い以外もいたきがするけど、なんか見えない仕切りみたいなのがありましたね…

パーフェクト Ruby サイン会

P9193657.jpg

P9193665.jpg

P9193653.jpg

P9193684.jpg

冷やかしにいった。パーフェクト Ruby 持ってません…

自分の talk

https://speakerdeck.com/sorah/scalable-deployments-how-we-deploy-rails-app-to-150-plus-hosts-in-a-minute

詳しくはそのうち別エントリを書きます。ごうごきたい。 https://github.com/sorah/mamiya

Ruby 徹底攻略 サイン会

Ruby徹底攻略 (WEB+DB PRESS plus)
角 征典 成瀬 ゆい そらは(福森 匠大) 田中 哲 笹田 耕一 村田 賢太 まつもと ゆきひろ 松田 明 後藤 大輔 浦嶌 啓太 高橋 健一 柴田 博志 近藤 宇智朗 大和田 純 白土 慧 原 悠(yhara) 伊藤 直也
技術評論社
売り上げランキング: 72,313

この面子で…サイン会… まじで家から持ってきて自分もサインもらって回るべきだったきがする。てへ。 しかしわたしはここに並んでいていいんだろうか、という面子だった。ほんとうに。

P9193688.jpg

P9193686.jpg

Power assert in Ruby

http://rubykaigi.org/2014/presentation/S-KazukiTsujimoto

VM とかに踏み込んだ話。いろいろたいへんそうだけど実現できるんだなあ。TracePoint すごい。それはそれとして、不便なら普通に頑張りつつも解消するような feature request があるともっと幸せになるんじゃないかなとおもいました。

LT

P9193746.jpg

(@drbrain as a ドラ息子!)

なんかいろいろおもしろかったんだけど、@YaSuYuKi さんのやつの最後のスライドがもちょだったので全て飛んでしまった :.+。(*´p∀q`) (参考)

P9193738.jpg

("[写真]「おわりだよ~(o・▽・o)」というスライドにすかさずsorahが反応している様子" はたださんの日記に: http://sho.tdiary.net/20140919.html#p01 。ところでトラハモ おすすめです。)

個人的にいちばん面白かったのは、るびま10周年のやつで takkanm と ko1 がテンポよくかけあい(?)てたのがよかった。マイクテストで本の宣伝するのは斬新でしたね。

この日はつかれはてていて直帰した。

3 日目

油断して完全に寝坊した。14時半くらいに会場いり。 Aaron とか おはよう Rails とかその辺のが個人的目玉だったのでがっくりしながら移動したのでした。

The Ruby Challenge

http://rubykaigi.org/2014/presentation/S-PremSichanugrist

壇上にランダムで観客をあげて、似た処理のコードをみてどっちが速いかを当てる参加型トーク。 だいぶおもしろかったけど、ものによっては僅差で「これ何度かやったら逆転したりするケースもでるんじゃないかなあ」とかおもったりはしました。

make your own synchronization mechanism

http://rubykaigi.org/2014/presentation/S-MasatoshiSEKI

Go に嫉妬していろいろつくってみた、という話。「調べたり考えこんだりするとハードルが高いことに気付いてしまうので深く調べずに作りはじめる」というのは見習いたい。しかし最終的には Go は複数チャネルを select 的に待ち受けることができるが、受け取れるのは「どのchannelか」+「届いたデータ」であって、channel ではない、channel だけうけとってもその間に他のスレッドがデータを消費する可能性があるからバギー、みたいなオチがおもしろかった。

Ruby 2.1 in Production

http://rubykaigi.org/2014/presentation/S-AmanGupta

GitHub から @tmm1 氏のトーク。前半は「あーこれ完全に既視感あるわー」って思っていたけど、後半のプロファイリングまわりの話は「すいませんでした」とならざるを得ない。Great Contribution!

しかし 1.9 に移行する時に --encoding-compatibility オプションを追加して ASCII-8BIT と UTF-8 の文字列結合で EncodingError の発生をやめるみたいな独自パッチはおもしろかった。その発想はなかった。「それなんか負債っぽいけど…」っておせっかい的に聞いてみたら、「そろそろ外すときかもしれない」とは言っていました。

意識たかまったのでさっさとうちでも Ruby 2.1 / 2.2 にしたいものだ… (Ruby 2.1.2 ではまだ SEGV するのでした。)

Closing

P9203844.jpg

P9203812.jpg

スタッフのみなさん、おつかれさまでございました!

この日はコミッタ陣で両国で焼き鳥を食べました。進路どうすんの〜的話を気分良くしていた気がする。

そのた

ジュンク堂

P9193699.jpg

P9193700.jpg

P9193694.jpg

P9203772.jpg

まだ読んでいないけど

Python文法詳解
Python文法詳解
posted with amazlet at 14.09.23
石本 敦夫
オライリージャパン
売り上げランキング: 25,361
検索エンジン自作入門 ~手を動かしながら見渡す検索の舞台裏
山田 浩之 末永 匡
技術評論社
売り上げランキング: 836

を買った。ジュンク堂のおさださん、毎回なんか商売上手になっていてついつい買ってしまう。はやくよむじかん見つけてよまないと…


P9203811.jpg

:)

Published at 2014-09-21 23:59:30 +0900